2016年4月3日日曜日

Splashのタイヤ交換 (REGNO GR-XI)

1月にスプラッシュのタイヤを交換しました。溝はまだ残っていたのですが、5年を超えるとヒビが入り出してきたので。スプラッシュについてくるタイヤは Continental の ContiPremiumContact 2 (CPC2)というタイヤでサイズは 185/60R15 です。kakaku.comで検索すると分かる(http://kakaku.com/car_goods/tire/itemlist.aspx?pdf_Spec201=15&pdf_Spec202=185&pdf_Spec203=60&pdf_so=p1&pdf_pg=2)のですが、このタイヤは、1本11,000円〜(時期によって最安価格は変動する)ぐらいして、同価格のタイヤは、そのサイズの最上級グレードのタイヤになります。

CPC2をつけているとスプラッシュは挙動も安定していますし、ちゃんと止まります。ただロードノイズは大きめな感じがします。CPC2の後継は ContiPremiumContact 5 (CPC5)になります。実はタイヤ1本だけ、サイドを傷つけてしまったので、大丈夫そうではあったのですが CPC5 に交換しました。1本だけ CPC5 にしても、全部 CPC2のときと同じ印象でした。

となると、同じぐらいのグレード(価格)で静かになればなあという希望で、ブリジストンの REGNO GR-XI 狙いで、タイヤ屋さん(タイヤ館、ブリジストン系列)へ。価格交渉してみると、ECOPIAを勧められます。一ランク落ちるし、1本当たり1000円か2000円しか(はっきり覚えてない)ので、REGNO がいいんだけどといっても、ECOPIAなら安くできるんだけどと言われます。まあ、他の店にいくかなと思ってたら、初売りセールだったのか、REGNO を安くしてくれました。

で、静かになりました。路面の状態がよいときは静かです。荒れていれば、ボディの遮音性の方が効くので仕方ありません。それと走り出しが軽くなりました。クリープ現象で進むときに、すっと転がる感じです。これはお店の駐車場を出るときで分かったので、びっくりしました。あとはより慣性で走れる感じです。この辺はエコタイヤらしいところでしょうか。燃費は季節と渋滞の影響の方が大きいので、数字では分かりませんが改善されているような気がします。慣らしが終わるまでは制動性は不安だった(止まらない感じ)のですが、慣らしが終わればちゃんと止まるようになりました。

あとはタイヤ館がよかったのか、空気が減りません。スプラッシュに最初に付いていたタイヤもあまり減らなかったのですが、途中で交換したタイヤは普通に減っていました。以前に載っていた車のタイヤは、窒素充填でも早く減っていったので期待はしていなかったのですが、このタイヤ、3ヶ月ぐらい空気圧チェックをしてみていても減らないです。作業がよかったのかもしれません。

P.S. CPC2からの乗り換えを検討していた人を発見(http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=16761488/)

0 件のコメント:

コメントを投稿