2011年4月30日土曜日

Splash にナビとETCを取り付け

Splash にナビ(通販で購入したもの)とETC、レーダー探知機(前の車から外したもの)を取り付けました。ナビは、色々迷ったものの、Eclipse の AVN110M

http://www.fujitsu-ten.co.jp/eclipse/product/navi/avn110m/index.html
にしました。一緒にUSBケーブル(USB109)、iPodケーブル(IPC110)も購入しました。最近は在庫が減っているのか、価格が上昇気味なので、あとで確認したら、近くのカー用品店より数千円安かっただけでした。
内装の外し方は、センターコンソールの部分:
http://minkara.carview.co.jp/userid/295992/car/425991/767111/note.aspx
Aピラーの部分:
http://minkara.carview.co.jp/userid/18038/car/567190/1071153/note.aspx
と、アルパインの車種別取り付け情報:
http://www.alpine-fit.jp/index.cgi
を参考にしました。内装外しには「パネルはがしロング」
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_data.php?id=12499
とプラスドライバーを用意しました。


Aピラー側の方が作業は簡単です。ちょっと失敗したのが、ロアパネルの爪を引っかける穴に変な力をかけた(少し割れ)こと、オーディオパネルに金属パネルをとりつけるネジを締めすぎ気味にしてしまった(ひびが入った)ことです。実用上は問題ないので、そのまま組み付けましたが。

AVN110M への配線には、スズキ用の20ピンオーディオ端子用のケーブル(イエローハットのカーステレオ配線キットホンダ(スズキ)車用(20ピン)A-2H)と、車速パルスなどが出ている5ピン端子の変換ケーブル(イエローハットの車速センサーコネクタートヨタ(スズキ)車用(5ピン)A-11T)を用意しました。パネルとの隙間を埋めるための枠(?)は購入したものの、不要でした。20ピンコネクタの配線はあらかじめ加工し、アクセサリ電源とグラウンドにギボシを追加して、ETC, レーダー探知機用の電源もとるようにしました。変換コネクタ、AVN110Mともにグラウンドが、クワガタ端子だったのですが、両方ともギボシにしてしまいました。

AVN110M の動作は、ナビの案内と違う道を通ったときの再探索もスムーズだし、iPhone 3GSの再生も問題なく(ときどき接続に失敗するけど)、満足しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿