2011年9月25日日曜日

Sparkfun のガイガーカウンタ

Sparkfun のガイガーカウンタ、AVRマイコンとUSBシリアルのチップがとんで(とくに何もしていない)、しばらくしたら、twitter で高圧周りの回路が怪しいという情報が。で、改造してみました。

参考にしたのは以下、
がた老AVR研究所:
http://gataro-avr-ken.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sparkfun-1786.html
http://gataro-avr-ken.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/sparkfun-0b5e.html

TECHLIB.COM
http://www.techlib.com/science/geiger.html

e電子工房
http://einstlab.web.fc2.com/geiger/geigerHV3.html

がた老さんの調べられている情報を基に高圧周りを TECHLIB.COM に書かれているものに、パルスのレベル変換をe電子工房に書かれているものに変更しています。回路図(Sparkfunのものに書き込み)は次の通り:
変更は2つです。1つは高圧の安定化です。2次側の電圧を1次側にフィードバックして、安定した500V(ツェナーダイオードで作った電圧の倍)がガイガーミュラー管にかかるようにします。もう1つはガイガーミュラー管の反応をレベル変換するトランジスタを NPN から PNP に変更しています。

必要な部品で入手しにくそうなものと入手先は、
ツェナーダイオード(47V):1N5261B(マルツで購入)
高hfeNPNトランジスタ: 2SC3113-AF(マルツで購入)
ツェナーダイオード(100V): 1N5271B(シリコンハウス共立で購入)
高抵抗値抵抗(10M): シリコンハウス共立で購入@5円
です。

改造した結果が以下の写真:
(部品面)
(半田面)

これで、ガイガーミュラー管が反応すると、きれいな5Vのパルスが出るようになりました。マイコンがとんでいるし、カウントできるようにするには、まだこれからの作業が必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿