2011年9月21日水曜日

スプラッシュのODBコネクタ

最近の車にはODBコネクタがついていて色々な情報が出ているらしいということで、スプラッシュでも試してみました。ODBコネクタからPCへつなぐアダプタは、Sparkfun の ODB-II UART です。




車への配線は、ODB-II to DB9 cable と同じです(ケーブルでなくてコネクタ単体を買ったので自作)。

で、試してみたのですが、どうもうまくいきません。PC が Windows 7 マシンなので、動作しないソフトもあり、結局試せたのは Digimoto Lite, PCMSCAN,   ScanMaster-ELM DEMO v2.1 の3つです。ところが、どれもうまくいきません。

ハードウェアのチェックに PCMSCAN を使って Volvo V70 で試させてもらったら OK でした。ScanMaster-ELM DEMO は、プロトコル指定ができるので、CAN (速度を変えて)を指定してもダメ。

ODBコネクタにつないで CAN BUS で通信するというタコメータが市販されていて Splash での動作もうたわれているので、動作してもいいはずなのですが、ダメです。

ISO 9141-2 K Line (ODB コネクタの7ピン)があまるので、それをプルアップかプルダウンするだけなのかもしれませんが試せていません。ディーラーではコネクタの位置はわかるけどプロトコルは知らない(専用機を使うので気にしたことがない)ということでした。

うーむ。

0 件のコメント:

コメントを投稿