2010年6月3日木曜日

Windows のウィンドウフォーカス

Windows をインストールしたままで使っていると、入力するウィンドウ(アクティブウィンドウ)が最前面へ出てきます。X (UNIX系の Window System)のデフォルト(ウィンドウマネージャで設定は変えられる)では、マウスがウィンドウ上にあるとアクティブになり、最前面へ出てくることは関係ありません。ときどき、Xの操作が懐かしかったりしたのですが、設定ツールをつくられているのを見つけました:

http://d.hatena.ne.jp/bellbind/20091203/1259789832

機能自体は Windows にもあり、設定変更ツールを Microsoft が Windows Vista/7 用に提供していないということのようです。この設定をすると、調べ物をして表示しているウィンドウを最前面にして、キーボード入力をするウィンドウの一部を隠したまま、入力できるようになるので便利です。

Windows XP 用に Microsoft が提供していた設定ツールでの項目の名前が X-Mouse というのが、なんとも、Microsoft 社内にも、そういう人がいたのねという感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿