2013年1月3日木曜日

α-NEX にはストラップを

昨年、ダブルレンズキットが安くなっているよという話を聞いて、α-NEX C3D を買ってしまいました。あまり強い期待はしていなかったので、使って見て AF が静かで速く、正確なのは気に入りました。紅葉の葉など一眼レフの位相差AFが不得意な場面でもよく合います。それと拡大してのピント確認も、やりやすい です。

α-NEX C3 + 18-55 キットレンズ, 35mm, 1/80s, f/5

ですが、年末に肩に掛けたカメラを落としてしまいレンズ(18-55)が壊れてしまいました。ボディは無事だったので、まだよかったのですが。

いままで、肩に掛けていて、ずれることはあっても、床に落とすことはなかったので、見てみるとストラップ(カメラに付属)に滑り止めがありません。Nikon や Panasonic の付属ストラップは滑り止めがついているので油断していました。Nikon のオリジナルストラップはデザイン重視でも、滑り止めが着いていて、まじめという印象です。

 18-55が実は2本あり(キャップとフィルタがついていないので背が低い)。ストラップはNikonのオリジナルストラップ

で、レンズは買い増し(18-55のキットレンズだけ、売っている人がいるので8000円で入手)、ストラップは Nikon のオリジナルストラップ (Nikon I 用) を買ってつけました。 ストラップは、付属のものが10mm幅で、Nikon I用が8mm幅、Nikonの一眼レフ用が12mm幅ですが、ボディ側の溝の幅が12mmなので、一眼レフ用も取り付けられるようです(試してみた)。

さらに、おまけとして、落としたレンズの先端を押したら、とりあえず使えるようになりました。ズームが若干スムーズでない印象ですが、まあもうけものかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿